房辞苑 » 記事詳細

《名詞》

九重のカーナ氏提供

アブラナ科の越年生植物。古く中国を経て渡来。根はまっすぐで太く白い。葉は羽状に分裂。春、淡紫色ないし白色の十字形花を総状につける。栽培品種が多い。生食し、また煮物・たくあん・切り干しなどにする。(古名)オオネ・スズシロ。

ちなみに、大根の葉は「でぇこんぱ」

(英)a Japanese radish

(例)おでんにでぇこん入れねえで、あじすんだかい。(おでんに大根を入れなくてどうするの?)

でぇこんぱ、うちゃっちゃってゃ、もってえねやで。(大根の葉っぱを捨ててしまっては、もったいないですよ。)

07年2月4日 sazanami 52,302

南房総地域SNS「房州わんだぁらんど」

http://wandara.net/